ニュース / ブログ

7/25(土)戦後70年特別企画 親子で歩く「平和の記憶」

7/25(土)戦後70年特別企画 親子で歩く「平和の記憶」

夏休み恒例、親子で楽しむまち歩き企画。今年は戦後70年の節目を親子で考え、その記憶をたどる旅です。

まずは天神の「戦災復興記念群像」を見学。
冨永朝堂氏によってつくられたものです。
「昇る」「生まれる」「歩く」の意味が込められています。

そして場所を移し、博多小学校内にある「平和祈念室」を訪れました。

昭和20年6月19日の空襲による焼夷弾で焼けたドアがそのまま残っています。

祈念室には当時の焼け野原となったまちの写真や、無事を祈るために糸を縫い付けてお守り代わりにしていた「千人針」など、当時の状況を物語るものが展示されており、子供たちも真剣なまなざしで見学していました。

同じく博多小学校内にある、「石塁遺構展示室」へ。

元寇防塁と思われる石塁遺構を発掘した姿のままで保存し、また出土した遺物も展示されていました。

元寇が襲来したときの様子が描かれた「蒙古襲来絵詞」も展示されています。

そして最後に立石ガクブチ店様を訪れました。
博多町家造りのご自宅の中に、防空壕が今も残っています。

真っ暗で、こども達も驚いたことでしょう。

なかなか見ることのできない防空壕がこうして現在まで保存され、その中に入る貴重な体験をしたこども達は、改めて現在の平和の大切さについて気づかされたのではないでしょうか。

この戦後70年企画は、8/7(金)と8/20(木)も開催いたします。

今回の夏休み企画が、親子で平和について考える良いきっかけとなったら幸いです。

We Love 天神協議会事務局

〒810-0001 福岡市中央区天神一丁目15-5 天神明治通りビル1階
TEL:092-734-8750 / FAX:092-718-7331

© We Love 天神協議会 All rights reserved.

ページTOPへ